思春期ニキビと大人ニキビ

10歳代の若い頃にできるニキビは、思春期ニキビと言われ、顔にでき始めても若さの証明とばかりに、あまり気にしていない人もいらっしゃるようですが、顔中に広がってニキビだらけの顔になってしまうと大問題です。

青春真っ只中の思春期の人、特に女性にとってニキビだらけの顔は、鏡で見るたびに憂欝になり、言葉ではいい表せないほどの悲しみに陥って、性格まで暗くなってしまうというケースは少なくないのではと思います。

そんな思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンの分泌が一時的に高まることで、皮脂が過剰に分泌され、その皮脂が毛穴に詰まることが原因で発生し、額や鼻まわりのTゾーンと呼ばれる場所を中心にできるという特徴があります。

また、遺伝的な要因が強く、オイリー肌にできやすいとされています。

18歳を過ぎた頃になると、徐々に皮脂の分泌も落ち着いて、自然と改善されていきますが、ニキビができている間は、どうしても「ニキビを早く治したい・・・」「ニキビを消して綺麗な肌になりたい・・・」という気持ちが強く、つい、藁にもすがる思いで、口コミなどのウソの情報に騙されて間違ったケアをしてしまいがちです。

その結果、悪化して、ニキビ跡として残ってしまうこともあるので十分に注意して下さい。

もし、ニキビが顔中にできてひどい場合は、専門の医師に診断してもらいましょう。

このように、成長期における男性ホルモンの影響で発生する思春期ニキビに対して、20歳を過ぎて成人してからできるニキビは、大人ニキビといいます。

大人ニキビは、睡眠不足が続く不規則な生活や栄養が偏る乱れた食生活、ストレス、運動不足など、日々の生活の中のあらゆることが影響して、ホルモンバランスが崩れたり、免疫力が低下したりして発生します。

そして、顎や口まわりを中心にできて、思春期ニキビとはできる場所が異なります。

また、大人ニキビは、治ったと思っても、また直ぐに同じ場所に繰り返してできるという思春期ニキビと比べて治りにくく、跡も残りやすいとされています。

ニキビを予防し、改善する基本的なケアは、正しい洗顔、その後、しっかりと保湿することが大切ですが、大人ニキビは、それと並行して、日々の生活習慣を見直すことが必要です。

まずは、毎日、6時間以上の十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を規則正しく食べて、ストレスも溜めないなど、規則正しい生活を送るという体の内側からのケアが必要というわけです。

ちなみに、ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡」といい、一般的に「吹き出物」と呼ばれているものはニキビのことです。

 

 

ダイエットの基本的な原理を理解して・・・

現在、テレビや雑誌などでさまざまな手法のダイエット法が紹介され、数え切れないほどのダイエット法が溢れ返っており、まさに、ダイエットブームと言える状態です。

そんな中、テレビやファッション雑誌などで活躍するモデルさん達の美しいスタイルに憧れて、自分もモデルさんのようになりたいとダイエットを始める方や、脂肪がお腹まわりに溜まり、ポッコリお腹が目立ち始め、また、健康面でも不安を感じるようになったため・・・など、さまざまな理由からダイエットにチャレンジしようと検討中の方が大勢いらっしゃいます。

しかし、次から次へと新しい手法のダイエット法が生まれて、どのダイエットにチャレンジしようか・・・、どのダイエット法が確実なのか・・・など、迷っている方は少なくありません。

そんな方達をターゲットに、ダイエット業界は「○○するだけで、あっという間に簡単に痩せられる・・・」「○○を食べるだけで、数日間で驚くほどに痩せた・・・」などと甘いフレーズを並べ、また、有名人や芸能人が実践して簡単に痩せられたダイエット法と多くのメディアが採り上げたりして大々的に宣伝しています。

実際に、このようなダイエットに惹かれて多くの方が実践してみますが、成功するケースは、ほんの僅かしかありません。

これらのダイエット法を試したことで、時間とお金を無駄に使って痩せられないだけでなく、美容や健康面にも、害を及ぼしてしまうというケースもよくあります。

そもそも、ダイエット業界が、これほど潤っているということは、痩せられないダイエット法が多く存在して、痩せられない方が何回も次から次へと新しいダイエットにチャレンジし続けているためです。

もし、ダイエットを始める方が、本当に確実に痩せることができたなら、これほどの数のダイエツト法が存在することは絶対にありません。

このようなウソやまやかし、間違ったダイエット法に騙されないためには、まずは、ダイエット法の基本的な原理を知ることが必要です。

また、一般的にダイエットと言えば、多くの方が「辛い食事制限を続けなければ痩せられない・・・」という思い込みがあるようですが、このような間違った常識、誤解されている常識が多くあるのも事実です。

一般的な常識とされている食事制限は、ある程度の少ない制限なら有効ですが、病気や何らかの原因で運動ができないという方以外は、毎日、食事量を減らして痩せようとする手法はオススメできません。

特に、早く痩せたいと願い、安易な考えから大幅に食事量を減らして痩せようとする方が結構いらっしゃいます。

ですが、例え、辛い食事制限を我慢し続けて、なんとか目標値まで体重を落とせたとしても、前の食事量に戻した途端に、リバウンドで直ぐに前の体重に逆戻りし、それどころか前以上の体重に激太りしてしまいます。

もし、無理な食事制限で落とした体重を維持したければ、一生辛い食事制限を我慢し続けなければならないということです。

また、体脂肪を効率よく燃焼すると言われている有酸素運動も、それだけをやみくもに頑張っていればいいというものではありません。

人それぞれ、生活習慣が違い、体重、身長、年齢、性別、体脂肪率なども違いますから、自分に合ったダイエット法を、いかに選ぶかが大切になります。

そして、ダイエット法の基本的な原理を理解して知識を身につけることが必要です。

そうすれば、ウソやまやかし、間違ったダイエットなどを見極めることができて、流行に左右されることもなくなります。