スキンケア

健康的な美肌作りは運動から・・・

いつまでも美肌を維持し、また、肌トラブルのない健康的な美肌になるために、色々な化粧品を試したり、サプリメントを飲んだりして、たくさんのお金と時間を費やして実現しようとする女性は大勢いらっしゃいます。

ですが、健康的な美肌を手に入れるには、まずは、体が健康にならなければなりません。

もちろん有効な化粧品を使ったスキンケアなど、外側のケアも大切ですが、健康的な体を作り、維持するために、適度な運動が必要です。

しかし、現代人は運動不足とよく言われています。

現在は、いろいろなものが便利になって、車や電車を使って歩くことがなくなり、また、エスカレーターやエレベーターを使うようになって階段を自分の足を使って昇ることもなくなりました。

特に最近の女性は、パソコンを使う仕事が増えて、1日中、ディスクに座りっぱなしで過ごすというように体を動かす機会がどんどん減っています。

このように運動不足に陥ると、1日当たりの総消費量が減少して体脂肪が蓄積するようになり、不健康な肥満体形になるだけでなく、血行不良になり、肌にも悪影響を及ぼすことになります。

さらに、体を動かさずに頭だけを使っていると血行不良以外に、ストレスも溜まり、不眠にもなりやすく、いろいろな肌トラブルを招くことになります。

例えば、血行の悪化で、くまができたり、ニキビや肌荒れなどの原因にもなります。

このような肌にとっての弊害を防ぐには、やはり、運動が一番で、少しでも時間がある時はウォーキングやジョギングなどの気軽に行える運動を積極的に取り入れることが健康的な美肌につながります。

運動すると言っても、何もお金をかけてスポーツジムに通ったり、エクササイズ器具を揃えたりする必要はありません。

歩くだけでも十分な運動になり、できれば健康的な美肌を得るために、1日20分以上のウォーキングを週2~3回程度実践するように努力してみましょう。

サエル トライアルセット

また、筋肉を鍛えることで成長ホルモンが多量に分泌されるようになり、若々しい美肌作りにとても有効になります。

1日、10分程度でも、十分に筋肉を鍛えられる簡単なエクササイズはたくさんあります。

健康的で若々しい美肌作りのために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動に加え、筋肉を鍛える無酸素運動にも積極的にチャレンジしてみましょう!

 

 

背中とお尻のニキビ対策と注意点

 

女性なら必ず、朝、出かける前に自分の顔を鏡に映してチェックすると思いますが、その時に、赤いニキビがポツンとできていると、とてもショックで憂鬱な気分に陥るのではないでしょうか。

それでも、このように顔にできるニキビは直ぐに気が付くので、普段からしっかりと予防のためにケアし、できてしまったものは悪化しないように治療していると思います。

しかし、背中やお尻などにできるニキビは、自分ではなかなか気が付かず、友人に教えてもらって、やっと気付くというケースがよくあるようです。

注意しなければならないのは、背中やお尻にニキビができているのを知らずに、硬いナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシと強く擦って洗ってしまうこと。

または、なんとなくブツブツができていると感じながらも、強く擦ることで、ブツブツの盛り上がりが取れて綺麗に治ったと思い込んでしまうようなことがあります。

このような行為は、ニキビを悪化させて跡になったり、さらに、擦ったときに傷になると、そこから炎症を起こして、なかなか消えないシミになってしまいます。

入浴する前に、自分の背中やお尻を鏡で映してみて、ニキビなどができていないか、チェックするようにしましょう。

そんな背中やお尻のニキビができる原因は、さまざま挙げられますが、背中は、シャンプーやリンスの洗い残し、それに、寝汗や運動時の汗などが大きく影響しています。

それに対して、お尻は、椅子に座りぱなしで汗で蒸れたり、過度な圧迫を受けたりなどのお尻特有の過酷な環境にあり、以外にも乾燥しがちで角質肥厚を起こして毛穴を塞ぎやすい状況にあります。

背中やお尻のニキビ対策としては、顔にできるニキビと同じように清潔な状態を保ち、潤いを与えてやることが必要です。

入浴後に、ボディクリームなどを塗っている方は、ニキビができているところは避けて下さい。

そして、下着にも気を使いましょう。

レースやラメ入りの素材の下着は、ザラザラするなどして衣類の刺激を肌に与えてしまい、ニキビを誘発してしまうので、肌に優しい木綿の下着を身につけることが有効です。

木綿は天然繊維で繊維自体が呼吸していると言われるほど、吸収や放湿性に優れて、ポリエステルやナイロンのような肌に与える刺激がありません。

また、染めや漂白などの加工をしている場合は、染料も天然のものを使用した下着を選ぶようにしましょう。

そして、睡眠や食生活、ストレスなども大きく影響するので、規則正しい生活習慣を送るように心掛けましょう。