背中ニキビの原因はシャンプーとリンス!

 

一般的に、ニキビのお悩みと言えば顔にできるニキビをイメージすると思いますが、実は、背中にできるニキビで悩む方も、それと同じくらいか、それ以上に多くいらっしゃると言われています。

背中は、顔ほど丁寧にスキンケアをしないという方が多く、ニキビができてしまっても治りが遅く、また、普段は、人に見られないし、自分でも見えにくい部位なので、少しは気になっても、とりあえずそのままほったらかしにしてあるという方も少なくないようです。

しかし、背中ニキビでお悩みの方からすれば、人に背中を見られるのが恥ずかしいため、夏は海水浴に行っても水着を着ることをためらったり、パーティーや結婚式などに参加するときに、背中の空いたドレスが着れないと悩んだりと、女性にとっては大問題です。

ニキビの悩みがない方は「背中にも・・・?」と、思うかもしれませんが、背中の肌は、顔と同じく皮脂分泌が過剰なところが多くてニキビができやすいところで、また、胸やお尻もできやすい場所になります。

さらに、衣類で擦れたり、寝汗や運動後に汗を掻いてもなかなか綺麗に拭き取ることができずに不衛生だったりと、いろいろな要因が挙げられますが、その中でも、かなり大きな原因とされているのが、髪を洗うときに使用するシャンプー剤やリンスではないかと言われています。

洗髪にシャンプーやリンスを使用した後、頭皮や髪、顔はしっかりと洗い流しても、背中までは考えたことがなかったという方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、洗髪をするたびに、シャンプーやリンスの成分が背中に付着して、背中の肌に負担をかけてニキビができやすい状態をつくっているというわけです。

洗髪のときの洗い残したシャンプーやリンスの成分が肌に不着していれば、それは肌にとって異物ですから刺激を受けて、かゆみや赤みといった炎症を起こしたり、角質に悪影響を与えたりしてしまいます。

もともと、シャンプー剤は、髪や頭皮の皮脂や汚れを落とすために、洗浄力を強くする合成界面活性剤が含まれていることが多く、この成分は、顔や背中、胸などの肌に強い刺激を与えてしまいます。

さらに、リンスには、髪のキューティクルを守るためにコーティングする成分が含まれており、これが肌に付着すると毛穴を塞いで、その毛穴にアクネ菌が繁殖してニキビができ始めてしまいます。

このようなことから、洗髪後は背中も洗い残しがないように徹底することが背中ニキビにつながります。

まずは、入浴時の洗う順番をチェックしてみましょう。

髪を洗ってから、体、顔という順番で洗えば、シャンプーやリンスの成分を洗い流すことができます。

また、髪を洗うときは、上半身を反らすか、横に傾けるなどして顔や背中、胸にかからないようにしましょう。

 

 

  • 11月 24, 2015
  • スキンケア
  •   タグはありません。
  • 背中ニキビの原因はシャンプーとリンス! はコメントを受け付けていません。