健康的な美肌作りは運動から・・・

いつまでも美肌を維持し、また、肌トラブルのない健康的な美肌になるために、色々な化粧品を試したり、サプリメントを飲んだりして、たくさんのお金と時間を費やして実現しようとする女性は大勢いらっしゃいます。

ですが、健康的な美肌を手に入れるには、まずは、体が健康にならなければなりません。

もちろん有効な化粧品を使ったスキンケアなど、外側のケアも大切ですが、健康的な体を作り、維持するために、適度な運動が必要です。

しかし、現代人は運動不足とよく言われています。

現在は、いろいろなものが便利になって、車や電車を使って歩くことがなくなり、また、エスカレーターやエレベーターを使うようになって階段を自分の足を使って昇ることもなくなりました。

特に最近の女性は、パソコンを使う仕事が増えて、1日中、ディスクに座りっぱなしで過ごすというように体を動かす機会がどんどん減っています。

このように運動不足に陥ると、1日当たりの総消費量が減少して体脂肪が蓄積するようになり、不健康な肥満体形になるだけでなく、血行不良になり、肌にも悪影響を及ぼすことになります。

さらに、体を動かさずに頭だけを使っていると血行不良以外に、ストレスも溜まり、不眠にもなりやすく、いろいろな肌トラブルを招くことになります。

例えば、血行の悪化で、くまができたり、ニキビや肌荒れなどの原因にもなります。

このような肌にとっての弊害を防ぐには、やはり、運動が一番で、少しでも時間がある時はウォーキングやジョギングなどの気軽に行える運動を積極的に取り入れることが健康的な美肌につながります。

運動すると言っても、何もお金をかけてスポーツジムに通ったり、エクササイズ器具を揃えたりする必要はありません。

歩くだけでも十分な運動になり、できれば健康的な美肌を得るために、1日20分以上のウォーキングを週2~3回程度実践するように努力してみましょう。

サエル トライアルセット

また、筋肉を鍛えることで成長ホルモンが多量に分泌されるようになり、若々しい美肌作りにとても有効になります。

1日、10分程度でも、十分に筋肉を鍛えられる簡単なエクササイズはたくさんあります。

健康的で若々しい美肌作りのために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動に加え、筋肉を鍛える無酸素運動にも積極的にチャレンジしてみましょう!

 

 

3本の基本で健康的で確実に痩せる!

 

ダイエットを始めようとする方の中には、とりあえず手っ取り早くて簡単で直ぐに始められるというような安易な考えから、毎日の食事量を減らして痩せようとする人が大勢いらっしゃいます。

例えば、昼食や夕飯を抜いて1日2食だけにしたり、炭水化物や脂肪を控えたり、バナナやリンゴなど単品だけを食べ続けたりと、なんとか摂取カロリーを落とそうと必死になっていますが、残念ながら一時的に体重は落とせても、結局はリバウンドでダイエット失敗という悲しい結果に終わってしまいます。

まだ、痩せられなかった・・・だけで終わればいいのですが、無理な食事制限で栄養が偏ったために、肌が荒れたり、髪が薄くなるなど老化し、さらに、便秘や冷え性など、さまざまな体の異変が起きて、最悪は病気になってしまうこともあります。

本来は、痩せて健康にならなければならないダイエットが、わざわざ辛い食事制限を我慢し続けて不健康な体に変えて、リバウンドしやすく太りやすい体を作っているというわけです。

現在、世の中にはさまざまなダイエット法が溢れ返っていますが、健康的で確実に痩せるダイエット法の基本的な手法は、筋力トレーニングなどの筋肉を鍛える無酸素運動と体脂肪を燃焼する効果があるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を併行して行い、それに加えて、毎日の食事を管理することです。

この無酸素運動、有酸素運動、食事管理の3本の基本をバランスよく実践することが健康的に痩せるダイエット法の最も効果的な手法とされています。

まずは、無酸素運動で筋肉を鍛えて筋肉量をアップすることで基礎代謝量が高まり、リバウンドしにくく痩せやすい体を作ることができます。

無酸素運動自体は、体脂肪を燃焼する効果はありませんが、基礎代謝量が高まることで、特に運動などしなくても自動的に消費エネルギーがアップするというとても都合のいいものです。

一方、有酸素運動は、体脂肪を燃焼する効果がありますが、ジョギングをする場合、ペースを上げ過ぎて息が「ハァハァ」となるようですと体脂肪燃焼
効率が低下してしまいます。

どうしてもダイエットを始めた当初はモチベーションも高いためはりきってしまったり、若い人は、どうせ走るならとペースを速めたりしてしまいがちですが、体脂肪の燃焼を目的とするなら、ゆっくりなペースで、できるだけ長く行うことが理想です。

そして、3つめの食事管理ですが、もしかしたら、この食事管理が最も重要かもしれません。

いくら運動して、消費エネルギーをアップしても、好きなだけ食べていては何の意味もありませんし、そもそも太ってしまった人のほとんどは、食べ過ぎが原因です。

まずは、自分自身の適正な食事量を毎日規則正しく摂取する必要があります。

そして、量だけでなく、栄養バランスも考えなければなりません。

毎日の食事から、肉、魚、貝、豆類、卵、乳製品、油脂、海藻、野菜の9品目をまんべんなく食べることで、バランス良く栄養が摂取できて、代謝機能が上がり、体脂肪が燃焼しやすい体になります。

もし、忙しくて食事が不規則になり栄養も偏りがちと感じている人は、サプリメントで不足した栄養素を補うことも考えてみましょう。

注意が必要なことは、運動した後の達成感による気の緩みです。

スポーツジムなどに行ったときに2~3時間も運動したからと、つい達成感を感じて頑張ったご褒美として高カロリーのケーキやスウィーツなどを食べ過ぎてしまいます。

しかし、3時間ほど運動したところで、その消費量はほんの僅かなので、運動量以上に食べ過ぎてしまうことになります。

ケーキやスウィーツを食べたらダメというわけではありませんが、量はほどほどに留めておきましょう。

こうしたダイエットの3本の基本を無理なく、自分ができる範囲の中で長期に継続すれば健康的に痩せることができます。